日焼けで頭皮が腫れた!?アフターケアで薄毛を防ぐ 最強5ステップ!

気を付けていたのに、うっかり日焼けをしてしまったなんて誰にでも経験ありますよね。

頭皮は『うっかり日焼け』の中でも被害が大きい場所です。日焼けだけで済めばいい方ですが、赤くなってしまったり、痛みがでて焦る事はありませんか?

頭皮のダメージは、育毛サイクルを乱したり、髪を育てる細胞自体にダメージを与える事があるので、焼けたかな?と感じたら直ぐにしっかりケアしていきましょう!

ケアって言っても髪が邪魔で薬も塗れないけど…
いきなり薬を塗るはNGです!正しくケアしないと悪化してしまいますよ!

日焼けは火傷!軽く考えないできちんとケア

たかが日焼けと侮ってはいけません。体の中で一番太陽に近く、普段は青白い事が良いとされている頭皮。少しの日焼けも炎症につながる可能性があります。

日焼けの頭皮はこんなに怖い

  • 遺伝子が破壊されて正常に髪が生えづらくなる
  • 乾燥を招いて老化が進む

日焼けアフターケア その1 冷やす

日焼けした頭皮は、炎症を起こしている状態です。火傷と同じく、早めに熱をとって落ち着かせましょう。

これで冷やそう

  • 氷嚢
  • 冷たく冷やしたタオル
  • 保冷剤をタオルで包む…など

注意 :流水では刺激が強い事があります。なるべく刺激を与えず静かに冷やすようにしましょう。

日焼けアフターケア その2 シャンプーは肌に優しいアミノ酸系を使って!

日焼けで少し辛いと思ったときは、シャンプーも少しの間見直してみましょう。

ひんやり感がするので、爽快系のシャンプーはひんやり感があって使いたい気持ちになりますが刺激が強いのでNGです。

シャンプーの注意

  • できるだけ肌に優しいアミノ酸系シャンプーを使用
  • 洗い方はやさしめに。
  • 手で泡を作っても見込む感じで普段の汚れは包み込んで落とす。

日焼けアフターケア その3 栄養剤は少しお休み

普段頭皮への栄養剤を使っている場合は少し使用を控えてみましょう。今の頭皮はまだ炎症が起きている状態です。

栄養剤が浸透しないのはもちろん。傷や膿んでいる場合に症状を悪化させる可能性があります。

※中には炎症を抑える成分の入った栄養材もありますが、自己判断での使用はしないように。

日焼けアフターケア その4 剥けてきた皮など頭皮をいじりすぎない

気になるからと言って、炎症を起こしている場所を触りすぎてはいけません。剥けてきた頭皮をむしったり、炎症している場所を触ったりするのは大NG!!

できるだけそっと冷やす事に集中して、気になるようであればすぐに医療機関を受診しましょう。

受診する場所は『皮膚科』です。

日焼けアフターケア その5 内側からケアする

普通の日焼けでも体に抗酸化作用や美白効果のある栄養素を取り込むことで、日焼けを後に残さない工夫ができます。

頭皮の日焼けも同様に体の内側からケアすることで早い回復を促していきましょう!

ビタミンC でメラニンを撃退!

日焼けで一気に増えたメラニン色素で頭皮が老化する前に、抗酸化作用やコラーゲンを作るビタミンCを沢山取る事が重要です。

イチゴ レモン アセロラ など

ビタミンEで紫外線から皮膚を守る!

既に沢山紫外線を浴びてしまった頭皮ですが、ビタミンEの作用でこれ以上の紫外線から守っていきましょう。ビタミンEの抗酸化作用で細胞が酸化する事を防ぎます。

また、血行を促進させる作用もあるので新陳代謝を促し、肌のサイクルを整えます。

アーモンド ピーナッツ モロヘイヤ かぼちゃ

βカロテンで皮膚や粘膜を正常に!

βカロテンは体内でビタミンAに変換されて、膚や粘膜の健康を維持したり、光刺激反応に重要な役割をします。

ただし、ビタミンAについて今の炎症を抑える効果というより、次の紫外線対策のために体に取り入れておくイメージです。

注意※急に多くのビタミンAを補給した時、肌の新陳代謝が促進されることで、まれに起こる反応のことです。これは一時的に、乾燥感や皮剥け、赤み、かゆみなどが生じることがあります。

モロヘイヤ にんじん ホウレンソウ

リコピンで増加した活性酸素を除去!

トマトやスイカに含まれる赤い色素のリコピンは非常に優れた抗酸化作用を持ち、その効力はβカロテンの2倍以上、ビタミンEの約100倍とも言われています。

まさに紫外線の強い夏にぴったりな食材ですね。

トマト ピンクグレープフルーツ スイカ

日焼けアフターケアのまとめ

日焼けは軽い火傷と同じ状態です。無理に触ったりすることなく、まずは炎症を抑えることに集中しましょう!

頭皮の日焼けはこれでケア!

  • 静かに冷やす
  • シャンプーは優しいアミノ酸系を使う
  • 刺激の強い育毛剤は少しお休みする
  • 頭皮を触りすぎない
  • 内側に肌回復に効果のあるビタミンやリコピンを取り入れる

やっぱりサプリが便利!

体の内側からケアするために、沢山の食品を一斉に取るのは大変な方は、やっぱりサプリで取るのがおススメです。もちろんこれを機にシャンプーも髪と頭皮に優しいアミノ酸系を探してみて!

サプリやヘアケアシャンプーならDHCがおススメです!!

▼▼▼今ならセール開催中▼▼▼

>>>DHCオンラインショップ

注意
記事の内容は公開時の情報を記載しています。価格表記や開店時間は念のためおでかけ前に公式のHPなどをご確認ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハル

2度の薄毛から復活した事により、その経験を活かして悩める方と向き合いたいと独立した元美容師 また、酸いも甘いも修羅場も経験した恋愛&人付き合いマスター。経験もさることながら、失敗しないために参考にした本は千冊を超えるという…気持ちの戦略公開中。

-TOKYOstyle, 髪の毛アレコレ

© 2021 OSHIHA東京